概要

i-SprintはIDと信用証明、アクセス制御ソリューション方面において世界の主要なリーダーとして、個人、組織そして団体に信頼性とID保証を確立することにより、多大な生産性向上をもたらせます。

現在、急増しているログインIDとパスワードの数は、ほぼ全ての組織において重大な問題となっています。特に顧客が多様なe-ビジネスシステムにアクセスする時には特に重要です。この問題はいくつかの要素からなります。その中に、ほぼ全ての大組織にある異質なコンピューティング環境と大多数の現存のミドルウェア技術(例として、DCOM、CORBAおよび EJBs)に包括的、且つ直感的なセキュリティ機能が欠如することが含まれます。この問題に対応を迫られた大多数のソフトウェア開発チームは彼ら自分のセキュリティ・サブシステムを構築し、ビジネスアプリケーションの認証とアクセス権限、監査証跡を用意します。その自家製のバラバラなソリューションの大多数が安全でなく、再利用不可そして拡張もできません。

セキュリティ管理者の視点から見ると、業界からセキュリティ管理モデルを実施する試しが数多くあります。現存のほぼ全てのソリューションは数多くの欠点を有しており、金融機関等、高めのセキュリティ基準を持つ組織は通常、任務の分離と二重制御を強化するために手動の手続きに訴えるので、ハイリスクのアプリケーションのためのセキュリティポリシーの効率性が低下します。

特に、以下の要求を解決しなければなりません。

  • 数千人の内部と外部ユーザーと彼らの信用証明および特権を如何に効率的に管理しますか。
  • ユーザーのためにログインID・パスワードの数量を如何に減らしますか。
  • 大きな組織において、全社規模のセキュリティポリシーを如何に効率的に強化しますか。
  • 一人または一つの機能職に過多の権力を与えないように、如何に任務の分離をサポートしますか。
  • e-ビジネスとその他アプリケーション用のシングルサインオンを如何に実現させますか。

大きな組織における、ほぼ全てのビジネスアプリケーションは一般的に相互運用可能なセキュリティシステムをシェアしないので、統合されたアクセス管理システムなしにセキュリティ管理とアプリケーションのアクセス問題に対処することは不可能です。強化されたログインとアクセス権限管理フィーチャーを提供するアクセス管理システムは全ての新規および現存のアプリケーションにとって大事なインフラ要素となります。

私たちのAccessMatrix™ ユニバーサル・アクセスマネージメント(UAM: Universal Access Management)はビジネスアプリケーションと情報資産への複雑なセキュアアクセス管理を効率的に処理することができます。企業内の全てのアプリケーションが同じセキュリティサービスをシェアできるよう、UAMはアプリケーション統合のための一般セットのAPIを提供することによって、コードの再利用を促進します。このシングルサインオン(SSO)を提供する機能はアプリケーションにアクセスする際のユーザーの操作性を改善します。

SSOフィーチャーは、デスクトップ・非ウェブアプリケーションまでカバーし、アクセス可能性とセキュリティ管理プロセスを大幅に改善します。

さらに詳しい情報については、私たちの UAM サイトをご覧ください。